知らないと苦労する事

セラピストは体力勝負

揉みほぐしは全身を使いって行います。
 
それを毎日何回も行っているのです。
 
恐らく予想しているよりも体力が消耗すると思います。
 
現役セラピストさんに聞いた話だと、施術中は汗が出るほどだそうです。
 
皆さんが考えている以上に体力がいる仕事だと言う事を知っておきましょう。
 
 

腱鞘炎や腰痛になる可能性

職業病と言ってしまえば簡単ですが、これには本当に悩まされている人ばかりです。
 
これが辛くて辞める人も大勢います。
 
そうならないためにも、自分の限界ギリギリの力で施術しない事や、特定の間接に負担をかけない施術方などを体得しなければなりません。
 
※特にセラピストになりたての頃は、このやり方が分からなく苦労すると思います。
 
しかし、最初にこれを体得しないと負担は重なっていき、慢性的な痛みと生きていかなくてはいけなくなります。
 
最初が肝心です。
 
こればかりは後から覚えればよいやと思わないでください。
 
 

がっつり接客業

セラピストはコミュニケーション能力が無くても大丈夫と思われがちですが、全員が全員そうではありません。
 
卓越した技術を持っている人はその手腕に人が集まりますが、そういう風になれる人はほんの僅かです。
 
施術中はお客さんとセラピスト1対1ですから、誰かほかの人が助けてくれる訳ではありません。
 
体を触られる側からしてみると、コミュニケーションが上手く出来なさそうな人には施術をお願いしたくありませんよね。
 
施術の技術も大事ですが、コミュニケーション能力も最低限必要だと言う事です。
 
※『指名を取ることは難しいのか』のページにも書きましたが、指名を増やすためには話術、聞き取る力というのが必要です。
 
相手の気持ちを引き出す会話と、相手の気持ちを理解する傾聴力が大切です。
 
 

精神的安定

指名制という制度が常識なセラピスト業界において、精神的に安定感があるかどうかが鍵になってきます。
 
思ったように指名が取れない。他の同期や後輩よりお客さんが付かない。他の人に指名を取られてしまう。
 
精神的にくる場面が、多く存在します。
 
それと同時にお金の心配、将来の心配と言うのも出てきます。
 
そういった事に対してしっかり向き合って解決していけるような、強いメンタルを持つ必要があります。
 
また、セラピストは分かりやすいゴールが無く、ずっと勉強しなければいけませんので、そういった向上心が持てるかどうかも重要です。
 
 
以上、セラピストになる前に知っておくべき事でした。