セラピストとマッサージ師

セラピストとマッサージ師は違います

これからセラピストになろうと思っている人の中には、セラピストとマッサージ師の違いを明確に言えない人もいるかもしれません。
 
これからプロとして働いて行く為に、この違いをしっかり認識しておきましょう。
 
 

マッサージ師とは

『あん摩マッサージ指圧師』という国家資格を持っている人の事を言います。
 
長い時間とお金をかけて資格を取ることができます。
 
マッサージ師が行う施術は【治療】です。
 
疲労の回復を可能とする施術で、そう言って良いのはマッサージ師だけなのです。
 
 

セラピストとは

セラピストは資格を必要としません。
 
なので疲労の回復等の効果があるとは口にしてはいけません。
 
 

セラピストになったら気をつけねばならない事

上記のように、セラピストは資格を必要としない職業です。
 
ですので未経験の人がチャレンジしやすい業種でもあり、低価格で施術を行う事が出来ます。
 
しかし、お客さんはセラピストの人たちも治療行為が出来ると思っている事が多いと言う事を知っておいて下さい。
 
・腰が痛いから治して
・肩が回らないから楽にしてほしい
・足の疲労を取り除いてほしい

 
このような効果を期待して、お客さんはお店にやってきます。
 
しかし、セラピストの人はこの要望に応えられることは出来ないのです。
 
と言いますか、それは出来ませんとお客さんに伝える義務があります。
 
セラピストがお客さんに提供出来るのはあくまでも『癒し』なのです。
 
体に触り筋肉をもんだりほぐしたりしますが、気持ち良いという感覚を与え緊張を解いてあげたり、リラックスさせてあげることしかしてはいけません。

一生懸命勉強して、お客さんに少しでも楽になってもらえるように施術することはとても良いことです。
そうであるべきだと思っています。
しかし、勉強をしていくら知識を身に付けたとしても『治療行為』をお客さんに施しては、絶対にいけません。
その事を心に刻んでおきましょう。

 

お客さんに聞かれたら回答できるように

セラピストになったら、マッサージ師との違いを完璧に答えられるようにしておきましょう。
 
そうすればお客さんも安心・納得して施術を受けられますし、無理な要望もしてきません。
 
施術者と利用者の間に誤解が生まれたままでは、いつか必ず何かしらのトラブルになります。
 
お客さんの為が第一ですが、セラピストを職業としている自分の為にも、マッサージ師とセラピストの違いをしっかり明確にしておきましょう。